心身治療として活用されている音楽療法の歴史について

「音楽療法」とは、音楽を用いたヒーリングの方法です。
このセッションは、古くは原始時代から用いられてきました。
海外では、科学的効果も数多く証明されており、代替医療(医療のカバーできない部分を担う)として大きな注目を集めています。
アメリカでは、第二次世界大戦後に広く浸透するようになりました。
音楽療法を用いて、兵士の心身治療が行われたのです。
音楽療法には、心理的な側面と波動的な側面の療法があります。
バイノーラル音源のように、脳波のバランスを整えるものや、クリスタルボウル(天然の水晶を粉砕して固めた楽器)、音叉、ソルフェジオ周波数のようにDNAや細胞、エネルギー体を振動させるものなどさまざまです。
周波数の高い音は、私たちの意識や細胞、DNAの状態を高める効果があります。
特に、ソルフェジオ周波数は傷ついた細胞やDNAを修復させる効果が期待できます。

歌うと、ストレス発散になりリラックス効果が得られる

身近な音楽療法には、コーラスやカラオケなどがあります。
歌うとストレス発散になり、リラックス効果が得られるのです。
また、腹式呼吸を行うことで自律神経のバランスが整うほか、喉のチャクラをほどよく刺激し、第5チャクラの活性化にも役立ちます。
疲れた時には、浴室で声を出して歌うと良いでしょう。
歌うのは苦手な場合は、鼻歌や口笛でも構いません。
鼻歌や口笛は、顔や骨格を振るわせ、音楽の良いエネルギーと共振させることができます。
また、入浴中はリラックス効果が高いため、より良い状態でチャクラを活性化させることが可能です。
音楽を上手に取り入れ、深いリラックス状態を体験してみてください(環境音や癒やしのCDを使ってもOK)。

低周波(100HZ以下)は、イライラしたり、緊張したりし、精神的に良くないので、聞かない様に注意!(圧迫感や不快感を感じる)

音楽を聴いて、イライラすることはありませんか? イライラや不安を感じる時には、低周波が流れている可能性が高いです。
低周波(100HZ以下)はイライラしたり、緊張させる波動です。
低周波を長く浴び続けるのは、精神的にも良くありません。
イライラする音楽や低周波は、なるべく聴かない様にしましょう。
圧迫感や不快感を感じた時には、ほぼ低周波が関係しています。
また、パソコンや電子機器に長く触れると、波動的にも悪い影響を受けてしまいます。
パソコンの低周波は、モーターが小さいためそこまで「大きな被害」はありませんが、気やエネルギーに敏感な人は、低周波エネルギーでダウンすることがあります。
この場合は、ホワイトノイズなどで音を打ち消すか、電磁波対策グッズを使って環境をクリアにしましょう。
オススメのヒーリング占い
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    あの超有名人も活用!?良く当たる占いであなたもこの先の運命を解き明かそう!