»
»
ヒーリングスポット

属性?相性?知られざるヒーリングスポットの注意点!

誰もが一度は聞いたことがあるであろう、パワースポットやヒーリングスポットという言葉。
字面の通り、それらはパワーのある場所、ヒーリング効果のある場所のことを指します。
縁結びに特化した場所、逆に縁切りに特化した場所、学業に関わる場所、事業に絡む場所、健康を願う場所、結婚や子宝を望む場所、開運が叶う場所、リラックスできる場所、生まれ変わったような感覚を得られる場所…などなど、大ざっばにジャンル分けしただけでも、かなりの種類がありますよね。

そんな中でも有名どころは、ちょっと調べればすぐに判明します。
本当に効果があるのか、実際に行った人の感想はどうなのか、そんな気になる口コミもたくさん見ることができます。
インターネットの普及した現代、便利な世の中になりました(ヒーリングに電磁波はあまりよろしくないですが)
パワースポットやヒーリングスポットに行きたい!と考えている方には、ぜひ口コミなどで情報を調べて足を運んでみることをオススメします。
事実、「場」から得られるパワーは強いものなので、予想よりも効果があった!という結果を迎えることもありますよ。

ですが、反対に「何も感じなかった」なんて人がいるのも事実です。
それは、たとえ全国的に有名な場所だったとしても起こり得ること。もっと言うと「同行した人はパワーを感じたのに自分だけ感じなかった」なんてことが起こるということです。

一体、どうしてそんなことが起こるのでしょうか。
実は、パワースポットやヒーリングスポットと、自分との間に「相性」の良し悪しがあるからだったんです!

属性?相性?

では、どのパワースポットが自分と相性がいいのでしょうか。
それを調べるには、まず自分の「属性」を知らなければなりません。

人間は「地」「水」「火」「風」「空」の5つの自然元素の内、どれか1つを核として持って生まれます。
自分自身の主となるこの核が「繭気属性(けんきぞくせい)」と呼ばれる自分の属性です。
これは、風水や陰陽道の思想を基盤とした考え方で、「万物は『木』『火』『土』『金』『水』の五行に分類され、影響し合うとされる『陰陽五行説』(この影響を与え合うことを『相生』と呼び、『相性』の語源となっています)」に由来しているのだそう。
そして、上記の五行を「場」に当てはめた時の属性が、パワースポットやヒーリングスポットの属性となるのです。
この場合「火」と「水」はそのままですが、「木」は「風」、「土」は「地」、「金」は「空」となります。

人間が持つ属性とパワースポットが持つ属性の相性が良ければ、パワースポットの恩恵に与れる。逆に、相性が悪ければ何の成果も得られない…どころか、下手すると悪影響を受けてしまうということだったんですね。

繭気属性(けんきぞくせい)の調べ方

自分の属性を調べる方法は、実はとっても簡単です。
自分が生まれ持った「情報」の内、「生年月日」と「血液型」さえ分かれば、あっという間に分かっちゃうんです。

例)1986年1月30日生まれのAB型の場合

①生年月日をすべて足し、1ケタになるまで計算する
例)1+9+8+6+7+3+0=34 → 3+4=7

②血液型の数字を足して、1ケタになるまで計算する
A型:1、B型:2、AB型:3、O型:4
例)7+3=10 → 1+0=1

③算出された数字が分類されている属性が、繭気属性(けんきぞくせい)になる
1、6 2、8 3、7 4、9 5

上記の例の場合、算出された数字が1だったので「地」の属性ということになります。

属性同士の相性

相性がいいのは、自分と同じ属性と、五芒星の直線がつながっている属性。逆に相性が悪いのは、隣にある属性と言われています。
下の図を見ていただくと分かりやすいのですが、例えば「地」の属性は「地」「風」「火」と相性が良く、「空」「水」とは相性が悪いと言えるでしょう。


まとめると、以下のようになります。

「地」
○地、風、火
×空、水

「水」
○水、空、風
×地、火

「火」
○火、地、空
×水、風

「風」
○風、水、地
×火、空

「空」
○空、火、水
×風、地

有名なパワースポットに行ったのに全然パワーを感じなかった、むしろ運が悪くなった気がする、なんて感じる方は、自分とパワースポットの属性の相性を確認してみてください。
属性同士の相性がいいパワースポットやヒーリングスポットへ赴けば、強いパワーを感じ取れることができるはずですよ!
オススメのヒーリング占い
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    あの超有名人も活用!?良く当たる占いであなたもこの先の運命を解き明かそう!