資格は必要ないが、実務経験が重視されることがある

自分自身や相手に対してヒーリングをするのに、特別な資格や免状は必要ありません。
ただ(ヒーリング)業界的には、実務経験や実績が重要視されます。
このため、ヒーラーとして活躍するには、ヒーリングの資格や実績が必要になるのです。
ヒーリングの資格は、初級から中級、上級者からマスターまで、さまざまな講座が開講されています。
資格を取った後は、クライアントを受け入れて実績を積んで行きましょう。
クライアントが集まらない内は無償で「お試しセッション」を開いてみましょう。
クライアントの「生の声」が聴けるので、今後の参考として役立てることができます。
いろいろな機会を利用して、ヒーリングの体験を広げましょう。
ヒーリングの機会が増えれば、ファンを増やし、テクニックやスキルを上げることにも繋がります。
優れたヒーラーを目指して、さまざまな機会を探ってみてください。

無資格より、資格を持っているほうが集客しやすい

仕事としてヒーリングをするなら、資格を取るようにしましょう。
無資格よりも、資格を持っているほうが集客しやすくなります。
また、他のヒーリングセッションやヒーラーと比べて、強みを明確化することができます。
ヒーラーとして生計を立てるには、より多くの資格や技術を身に付ける必要があります。
さまざまなセッションや講義を通し、ヒーリングのテクニックを高めていきましょう。
また、講座だけでなく書籍や教材を使って、より深い知識を身に付けましょう。
最近ではさまざまなジャンルのヒーリング、スピリチュアルに関する文献や書籍が手に入ります。
また、海外の有名ヒーラーからもSkypeやネットを通じて、セミナーやセッションが受けられるのです。

資格を持っておいたほうが、仕事の幅を広げる時に役立つ

ヒーリングの資格を持っておいたほうが、仕事の幅を広げる時に役立ちます。
例えば、ヒーリングの講師になる、本を出版する時には、資格が大きく役立ってくれます。
講演やセミナーを開く時にも、これまでの経験が大きく役立ってくれるでしょう。
有名なヒーリングセミナーや養成講座では、認定証や免状を発行してくれます。
今後のためにも、認定資格の得られる場所でセミナーを受講しましょう。
インターネット教材の一部でも、郵送で認定証を送ってくれるところがあります。
また、海外のセミナーでもネット経由で免状を発行してくれたり、国際郵便で免状を郵送してくれる場合があります。
どのような資格が必要なのか、良く下調べをして、さまざまなセミナーを受けてみましょう。
仕事の機会だけでなく、世界中に輪を広げることができます。
オススメのヒーリング占い
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    あの超有名人も活用!?良く当たる占いであなたもこの先の運命を解き明かそう!