セルフヒーリングお金が掛からないのでオススメです

「お金をかけないで、ヒーリングしたい!」そんな時には、セルフヒーリングがオススメです。
セルフヒーリングとは、自分で自分を癒やすことを指します。
セルフヒーリングは、誰でも簡単に実践できます。
例えば、遠隔によるエネルギー伝授を受ければ、レイキやチャクラヒーリング、高次元とのつながり、潜在意識のブロックを外すなど、さまざまなテクニックが習得できるのです。
また、書籍を使って自己ヒーリングをマスターすることも可能です。
もちろん(本格的な)プロになるのは無理ですが、簡単なヒーリングであれば、誰でも簡単に習得できます。
このほか、有名なヒーラーによるお試しレッスンや1日セミナー(無料)に参加するのも良いでしょう。
テクニックを覚えれば、いつでも自己ヒーリングが実践できます。
簡単な自己ヒーリングであれば、イライラや不安、喉の痛みや軽い風邪を癒やすことができるでしょう。

エネルギーの対価はしっかり払おう

ヒーラーは、相手にエネルギーを渡しているので、その対価としてお金を払わなくてはいけません。
よく「ヒーラーがお金を取るのは間違っている」と言う人がいますが、仕事の対価として、お金を払うのは当たり前のことです。
癒やしを受けた場合は必ず、必要なお金を払いましょう。
慈善事業だけでは、ヒーラーが生活出来なくなります。
また、カルマの解消や潜在意識のブロック(抵抗)を外すことは、ヒーラーのエネルギーを大きく消耗させます。
目に見えないかもしれませんが、ヒーラー自身のエネルギーを使っているのです。
こうした労力やエネルギーに対して、適切な費用、ふさわしい値段を付けるのは当然のことと言えるでしょう。

相場の値段をあらかじめ調べておく必要がある

ヒーリングしてもらう場合、相場の値段をあらかじめ調べておく必要があります。
良いヒーターがほとんどですが、中には悪質なヒーラーから、ぼったくられる可能性があります。
特に言葉の通じない海外のセッションは、ぼったくられないよう注意しましょう。
適正な価格を調べるため(同じ系統のセッションについて)ネットで調べてみてください。
もちろん、有名なヒーラーのセッションや通訳付きのセッションは、値段が高くなることがあります。
適正な価格とぼったくりの値段は、全く違ったものです。
良いセッションには、ふさわしい相場があります。
良いヒーリングを受けた後は、気持ちよく対価を支払うようにしましょう。
反対に「これはおかしいな」と感じたら、ヒーラーと(値段について)よく話合うようにしてください。
オススメのヒーリング占い
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    あの超有名人も活用!?良く当たる占いであなたもこの先の運命を解き明かそう!